タブレットケース L
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/13

タブレットケース L

¥5,280

¥4,224 税込

20%OFF

送料についてはこちら

  • 杉菱

  • 六弥太格子

  • 分銅つなぎ

  • 角通し

  • 滴千鳥・再入荷なし

●在庫整理のため、特別価格でお出ししております(再入荷予定なし)● ----------------------------------------------------------- ポンピン堂のファブリックで作ったタブレットケースです。
 テキスタイル のデザインは、すべて本品堂・大野の描き下ろし。伝統柄をモチーフにしながらも、どこかモダンな雰囲気のファブリックに仕立てました。製品には柄の説明カードを添えてお届けします。 APPLEのiPad(iPad・iPad Air用。Proは入りません)にあわせたサイズですが、寸法が合えば様々な電子機器のケースとしてお使いいただけます。内容物を傷つけないよう、口部分には金属パーツは使用せずベルクロ(マジックテープ)で飛び出しを抑える構造になっています。 衝撃を吸収する中綿には、厚さ5ミリのウレタンクッションを使用。安心感のあるしっかりとした厚みで、タブレットがすっぽりと収まっている様子は、まるでお布団か寝袋に入っているかのよう。持ち運び時には中身を衝撃から守り、使用時にはファブリックのデザインがデスクの空間を楽しく彩ります。 また、裏地には撥水加工を施した特殊な生地を使用しているため、万一ケースの上から飲み物などをこぼした場合も、一定時間水分の浸透を防いでくれます。(防水生地ではないので、万一水濡れ等の際はすみやかに電子機器を取り出してください) -----------------------------------------------------------     ●文様の意味 【六弥太格子=ろくやたごうし】 歌舞伎の八世・團十郎が「一の谷武者絵土産」の岡部六弥太を演じる際、意匠に用いたことから「六弥太格子」として定着した文様。男性用の浴衣をはじめ、粋な文様として流行しました。 【角通し=かくどおし】 小さな正方形が規則正しく並んだ柄は、江戸小紋の中では「角通し」と呼ばれ最も格式のある文様の一つとされます。フリーハンドで描いた四角のゆらぎが柔らかい印象を与える模様です。 【分銅つなぎ=ふんどうつなぎ】 分銅は重さを計る際に使われた重りで、文字通り銅で作られていました。金銀を計るものとして大切にされ、財を象徴する縁起柄の一つとされます。 【杉菱=すぎびし】 杉の枝を大胆にディフォルムしたデザインです。杉の語源は「直木=すぐき」とされ、成長が早く天に向かって真直ぐに育つ様子から「成長・実直」を表す縁起柄とされています。 【滴千鳥=しずくちどり】 群れをなして空を飛ぶ千鳥は、昔から身近な意匠として様々に描かれてきました。また、千鳥=千取り(多くのものを得る)の語呂合わせから縁起が良いともされています。人気の千鳥柄を水滴のように描いたデザインです。     ----------------------------------------------------------- 
【外形寸法】縦28.5cm × 横22cm × 厚み2cm 【内部有効寸法】縦25cm × 横18.5cm × 厚み1cm 【素 材】表地:綿100%/裏地:ポリエステル /中綿:ポリウレタン 【原産地】日本製 -----------------------------------------------------------   ●お取扱い上の注意 ・クッション入りのケースで電子機器等を保護しますが、耐衝撃性能を保証するものではありません。 ・裏地に「撥水加工」を施した生地を使用していますが、防水加工ではありませんのでご注意ください。   -----------------------------------------------------------