ご縁がつながる網干柄 【守袋「網干」+ハンケチ「網目に錨」】
new

ご縁がつながる網干柄 【守袋「網干」+ハンケチ「網目に錨」】

¥4,400 税込

送料についてはこちら

  -----------------------------------------------------------   <守袋> 【サイズ】縦13.7cm × 横10cm(桐箱入り) 【桐 箱】縦17cm × 横11.5cm × 高さ2.2cm 【素 材】表地:綿 / 裏地:ポリエステル / 紐:レーヨン 【原産地】日本製   <ハンケチ>  【サイズ】縦48cm × 横48cm 【素 材】綿 【原産地】日本製     -----------------------------------------------------------   工房のある浅草にちなんだ「網干」柄のセット。 三社祭でも有名な浅草神社の神紋「網干」文様には「人や物事のご縁がつながっていく」という意味が込められています。また「幸を手繰り寄せる」という意味もあることから、社交的でアクティブなお父さんにおすすめのギフトセットです。   「守袋」とは、江戸時代の人々が御守りや護符を入れて懐中に忍ばせた小さな袋。現代では「お数珠・印鑑・お薬・アクセサリー・デジタルギア」など、御守りにこだわらず、身の廻りの大切なものを入れる小袋として様々にお使いいただいています。 「ハンケチ」は、国産の上質な生地に、シルクスクリーンのハンドプリントを施し、高級スカーフと同じ「千鳥縫い」の技術で仕立てた大人のための特別な一枚。給水性も良く、使うほどにその品質の違いを実感していただけます。   ----------------------------------------------------------- ●文様の意味 【網干】 網干(あぼし)は漁に使う網を広げて干す様を表した文様で、「幸(魚)を手繰り寄せる」ことから幸福や良縁を手繰り寄せる象徴とされます。浜辺の平和な風物として、しばしば着物や工芸品の意匠として描かれてきました。開運招福・福徳円満を意味する文様。   ●ハンケチ【網目に錨】 <使用生地:60サテン> 網目は漁師が魚を捕る網。「幸運を手繰り寄せる」という意味があります。また一方、錨は舟が流されないようにするためのもの。「一所に根を下ろす、ふんばる」といった意味が込められています。 -----------------------------------------------------------   【お取扱い上の注意】 ・守袋は伝統的な織布を使用し手仕事で一つ一つ作られているため、サイズに若干の個体差がある場合がございます。ご了承下さい。 ・水に濡れたまま放置されると色移り等の原因となる場合がありますのでご注意ください。 ・ハンケチのお洗濯には、蛍光漂白剤入り洗剤のご使用は避けてください。洗濯ネットに入れていただくと生地や縫製のダメージを軽減でき、より永くお使い戴けます。   -----------------------------------------------------------