NEWS

期間限定商品 守袋/合財袋「梅に丑」発売のお知らせ

お待たせしていました来年の干支、「丑」の限定柄がようやくご案内できます。今年はなかなか思うようなデザインに仕上がらず、苦しんだ年でした…大野が何度も下絵を描いては相方・工藤が型紙を彫り、試作を繰り返しましたが、中々しっくり来るものが出来ない。何度も何度もやり直して、ようやく「これは可愛い」と自信を持ってお勧めできる文様に仕上がりました。
 
出来上がったデザインは、梅の花に、福島の郷土玩具「赤べこ」をモチーフにした牛を重ねた文様。
牛は学問の神様・菅原道真公の乗り物とされています。牛の下に重ねられた梅の柄は道真公を象徴し、「知恵・知性・清楚」の意が込められています。また「丑」の字は二つの物の合わさる境を意味し、一つの事が終わり新しい事が始まる「転換」を意味しています。
 
世界中がコロナ禍と戦う中、少しでも早く困難な状況を抜け出し、かつての平和な日常へと「転換」してほしいーそんな願いと重なる文様です。
 
守袋は「朱色」「紺色」2色での登場。一回り大ぶりな合財袋は「朱色」での展開となります。苦心した分、いつも以上に多くの方にご覧いただきたいデザイン。新しい一年への願いを込めて、是非ご覧ください!